今年の模様「2021」。

-
5月です。そろそろかごバッグの季節です。今年のバスケタルの顔ぶれが出揃いつつあります。今年・2021年の名をつけた編み方でまずできた「籐のトート・細型(2021)」がこちらです。もとは↓この模様「2017」で2019年に(わかりづらいね)に出していた細型のトート。これもいいんですが。前回やりたかったことを今回、よりくっきりとできたような気がします。4本1本1本、4本1本1本、という繰り返しで素編みを編んでいます。...

春先は変調の季節アゲイン。

-
先日来、久々に少しめまいの症状がありました。きついものではなく前のめりの姿勢をとったときなど足元がフワフワする感じです。前もあったなブログに書いたなと思い見返すと3年前の春先。当時は一時的にですが吐き気もあったり起き上がれなかったりしたので、脳のお医者さんに行ってMRI撮ってもらったりもしました。結果、脳の血管とかに異常はなく、私を一目見たお医者さんが在宅ワークの運動不足を見抜いたらしく、肩こり首こ...

ミモザの季節らしい。

-
ミモザをよく目にするようになりました。iichiでもminneでもミモザ特集が組まれ、同じ日にそれがメルマガで送られてきて驚きました。(minneスクリーンショット)(iichiスクリーンショット) リース、ピアス、ブローチ、カード、等々、黄色いミモザ咲き乱れています。近所のお洒落な家の玄関にも鉢植えのミモザを発見。いよいよミモザの時代が来たらしいよとしたり顔で身内に話したりしました。そんな折のこちらのお写真。春の花...

「持ち手カバー」。

-
「持ち手カバー」を標準仕様として、全部の手提げにお付けすることにしました。2年ちょっと前くらいからおまけとして付けさせてもらって、どんな感じだろうと見ていたのですが、昨日より商品ページに表示を付け加えました。作りたてで汚れやすい感じのする白い状態のかごが持ちやすくなるよう考えました。それだけでなく手で持つときの当たりが柔らかくなり、見た目も可愛いと自分では思っています。ポリウレタンチューブ(工業用...

新しい根元。2021新春。

-
新しい年が始まりました。今年は年明けから作業に取り掛かることができて、スガスガシサを感じています。本年もよろしくお願いします。この春7年目に入るバスケタルですが、まだまだ必要に迫られて細かいところの仕様の変更をしています。特に「持ち手」、それも「根元」。力がかかり、折れやすかったり巻が緩んだりしやすいところです。材の選び方、巻き方、巻きの終わり方、などなど細かい変更を何度も繰り返しています。しかし...

ウェッジウッド、エドミ―ホワイト。

-
愛用していたマグカップが壊れたよ。足の部分、貼り付けてある作りだったんだろうか、ぶつけたらきれいに取れてしまった。2個買って2個目の破損。(接着剤で貼りました。)ウェッジウッドのエドミ―ホワイト、大好きで。寒いときのミルクティがぶ飲み用。この大きさ、この形。シンプルなのにこの優美さはどうよ。白一色で単純な地模様があるところも自分の作るものとの共通点を勝手に感じていたりもして。でも今どこを探してもな...

足湯用の容器から。

-
なぜか続く足湯記事です。前々々回から本当は足湯に使う容器について考えたことを書こうと思っていまして、すごくひさしぶりにだったので言い訳をしたりしているうちに話がそれて仕事についてわりと真面目に考える記事をなぜか3本書いてしまいました。でも本題は今回で、これで終わりです。「かご」とは直接関係ないですが持ち手のついたバケツ型のものも出てきますので共通点の少しだけある容器として何か考えるヒントになればと...