2020年3月。

-
昨日と違う、明日がくるのか。不安な日々が続きます。疑心暗鬼にもなる。心が締め付けられるような悲しいニュースも届きます。自分の仕事は不要不急だと語る、音楽家のインタビューを見ました。その方も参加された、その名も「テレワークオーケストラ」。不要じゃないはず。 私も自分の仕事こそ不要不急だと思ってしまうせいか、不要不急、不要不急とそればっかり聞こえる気がする。吹けば飛ぶような、小さい小さい商い。守れんの...

BASEのバスケタル、始まりました。

-
お知らせが遅れましたが「iichi」、「minne」に続き、「BASE」にバスケタルのショップを作りました。2週間ほどたちました。iichiとminneは大きな店に出品するというような形式であるのに対し、BASEは自分の店という形式であるようです。ちょっと緊張します。でも5周年なので、思い切りました。どうぞよろしくお願いします。今は手提げだけが並んでいまして、10%オフクーポンを配布しています。(各商品ページの先頭に表示してあ...

ここへきて改めて「四角い手提げB」

-
2月も終わりです。明日から3月、春の始まりです。今年は例年のように浮かれてもいられない空気で、私の作るものなど特にかごバッグなどほとんど見向きもされなくなるかもしれないという怖さもあるにはありますが、どう過ごしていけばいいのか考えながら、春を待ちたいと思います。お出かけ制限もある中、大変な方は本当に大変な中ですが、たまに春を待つ気持ちでかごなど見ていただけたらうれしいです。◆ ◆ ◆ところで先日、iic...

「麒麟がくる」明智光秀の着物の柄について

-
大河ドラマ「麒麟がくる」見ていらっしゃいますか。長谷川博己さんが明智光秀を演じていますね。まだ3話目が終わったところなので若い時代の光秀。舞台は美濃の明智荘の緑豊かな田園風景です。それに合わせるように光秀が着ている着物も鮮やかな緑色で、この柄です。白い波状の縦縞によって、紡錘形が規則的に作られているような柄です。「麒麟がくる」ウェブサイトより私としてはやはりこれを見過ごすわけにはいきません。よろけ...

バスケタリーランチボックス!!京都半兵衛麩本店「お辨當箱博物館」にて

-
去年の暮れ、お昼時、京都鴨川五条大橋のそばのお麩のしにせ「半兵衛麩」本店に伺いました。木造の町家と石造りの洋館が繋がった建物です。そんなに人の多くない普通の町かどにあります。1階にお店があり、茶房があり、そこでいただいたお昼は、「むし養い」。(その意味は「京言葉でお腹の虫を養う軽い食事」とのことで、京都らしい謙遜なのかなと思えてこちら側からそう呼ぶのはちょっと気が引けます。)お麩とゆばづくしの上品...

「籐かご教室『紡ぎ』の籐編みのかご」

-
籐のかごを編んで売っています。バスケタルと申します。このところ世にある籐工芸のいろいろについて書くということをしていなかったのですが、今回はこちらの本をご紹介します。籐かご教室「紡ぎ」の 籐編みのかご籐かご教室「紡ぎ」主催の方による本。1年くらい前に発売されたものですでにご存じの方も多いのでは。とても素敵です。籐工芸を知るのにとてもいいと思います。・ ・ ・ハンドメイドサイトに籐製品を出品し、製作...

iichi特集に掲載していただきました。

-
大変遅くなってしまいました。あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。さて新年早々iichiさんの特集に掲載していただきました。「毎日がここから始まるお台所」という記事です。エプロンや鍋つかみ、カッティングボード、などなどと一緒です。いいのでしょうか私のかごで。(そろそろ慣れたいものです。) 毎日がここから始まるお台所1日のスタートを気持ちよく、心地よくwww.iichi.comブログの更新をずい...