フェリシモの籐かご編みキット。

発売から10日くらい過ぎたようですが、まだまだテレビCМをよく見かけるデアゴスティーニの籐かごシリーズ。 本屋さんにも山盛りになって売られています。手にした方も多いのではないでしょうか。  これを長く続けていかれる方がいたら、ぜひブログをやって大河ドラマ的な連続記事を書いていただきたい。 それにしてもデアゴスティーニって、最近はロビとかデロリアンとかありますが少し前だと戦艦大和とか、鉄道シリーズや山のシ...

デアゴスティーニ「籐でつくる小物とバッグ」

先日こんな広告を見つけてたいへんびっくりいたしました。  隔週刊 『籐でつくる小物とバッグ』株式会社デアゴスティーニ・ジャパンのプレスリリース   なんと籐工芸の教則本、それがあの「デアゴスティーニ」から、です。     私が参考にしている何十年か前の籐工芸の雰囲気は残しつつ、少しお洒落な雰囲気になっている、でしょうか?   詳しくはこちらへ。  deagostini.jp このウェブサイトもかなりの情報量で、けっこうじっく...

「& Premium 」にebagos(エバゴス)のデザイナーさん。

雑誌「& Premium (アンド プレミアム) 」2017年 5月号に、ebagos(エバゴス)の曽我部美加さんが載っていらっしゃいました。 アトリエのお写真でしょうか。 天井にたくさんの製作途中のかごが吊るされています。 お馴染みの紅籐の、かご部分は編みあがっていて、皮革などを付ける前のもの。 その下にいらっしゃる曽我部さん。 お姿を拝見したのははじめてです。 エバゴスの格好よさはやはり曽我部さんご自身の恰好よさであっ...

小澤典代さんの本「日本のかご えらぶ・かう・つかう」

小澤典代さんはインテリアスタイリストの方です。 私は今年の夏の終わりに銀座のアコメヤ東京でのトークショー「かごのお話し」で小澤さんと「松野屋」さんのご主人松野弘さんとのお話を聞いております。インテリアのプロの視点を持つとともに、ご自身もかごを愛しているのが伝わるお話でした。 そこでご本を出されていることを知り、手にした次第です。3年ほど前に出版されたご本です。 「日本のかご えらぶ・かう・つかう」(小...

片柳草生さんの本「暮らしのかご」と私

素敵な本がありました。片柳草生さんの「暮らしのかご」です。 落ち着いた雰囲気の表紙です。 少し前の本なのかと思いましたら今年の春の出版でした。 流行りの感じがなくて昔の「暮しの手帖」みたいです。     片柳草生さんは、編集者として   白洲正子の世界 名碗を観る 著者として 手仕事の生活道具たち 手仕事の贈りもの などを手がけていらした方です。   編集者としての眼をお持ちであるのに加えて実際にいろいろなかごやざ...
このカテゴリーに該当する記事はありません。