あけびのかごバッグを探す。⑨長野-2〜再び青森。

moribasket

-

f:id:chibie50:20160505121344j:plain

長野県むきあけび 手提げバスケット(二本手)税込54,000円

こちらの不思議な色合いのバスケットは、「暮らしの竹かご屋 明治四十年創業 市川商店」さんで取り扱われているもの。

薄く着色した籐なのかと思ったのですが、そうではなく、皮をはぎ取ったあけびの蔓で編まれたものです。

これは主に長野県に伝わる方法なのだそうで、温泉につけてから皮をむかれたあけびは「むきあけび」、「製白蔓」などと呼ばれています。

www.takekagoya.com 

白っぽいむきあけびのかごバッグを初めて見たのはこちらの本でした。

f:id:chibie50:20160505125835j:plain

日本のかご―えらぶ・かう・つかう (とんぼの本)

00.jpg

籐のようでいて、籐よりも蔓らしいニュアンスのある材で、編み方がとても美しく、籐とあけび、両方のいいとこ取り。

これらのかごを取り扱っておられるのが「暮らしの道具 松野屋」さんです。

青森のあけびかごもたくさん取り扱っておられますが長野のあけびかごは他であまり見ないので長野の回で書かせていただくことにしました。

長野の籐工芸はあけび細工の材料不足を補うために籐を輸入して始められたということですので、あけびと籐の製作が近い場所で続いてきたということがデザインにあらわれているのではないでしょうか。

 

さて、この松野屋さんのむきあけびのかごバッグがオンライン上のどこで買えるのか探してみましたら、見つけられたのはここだけでした。

松野屋さんという表示はありませんがおそらく同じではないかと。

f:id:chibie50:20160505135004j:plain

長野県産 あけび(皮剥き) 四方張り手提げカゴ 25,920円 (税込)

atsumi-gozaya.com  

むきあけびでない松野屋さんのあけびかごはお取り扱いのあるお店がかなりありました。

長野産ではなく青森産ばかりです。

長野県産は手に入りにくくなっているのかもしれませんね。 

f:id:chibie50:20160505135646j:plain

出典:http://www.cotogoto.jp/shopdetail/000000000075/

f:id:chibie50:20160505135927j:plain

出典:http://www.kinaru.com/fs/sense/c/matsunoya

f:id:chibie50:20160505140046j:plain

出典:http://www.hushykke.com/?pid=90991869

以下すべて松野屋さんのあけびかごお取り扱いショップです。

 

あけびのかごバッグを探す。⑩最後に。

かごやホームページより こだし編み&リング手の涼し気なこちらのかごバッグは、”郷愁と古い文化からのもの作り”をテーマにさまざまな商品を製作販売されている「かごや」さんのもの。 item.rakuten.co.jp 山葡萄や胡桃のかご、自然素材のキッチン用品などたくさんのオリジナル商品が並ぶ中にあけびのかごバッグもあります。 作家さんとのコラボなどの1点ものもあるようですが、取り上げさせていただいた2種類のバッグは定番...

関連記事
Posted bymoribasket