小澤典代さんの本「日本のかご えらぶ・かう・つかう」

moribasket

-

小澤典代さんはインテリアスタイリストの方です。

今年の夏の終わり、銀座のアコメヤ東京でのトークショー「かごのお話し」(「松野屋」さんの松野弘さんと)も聞かせていただきました。

そこでご本を出されていることを知り、手にした次第です。3年ほど前に出版されたご本です。

「日本のかご えらぶ・かう・つかう」(小澤典代/新潮社)

 

 

f:id:chibie50:20160102140225j:plain

日本のかご―えらぶ・かう・つかう (とんぼの本)

たくさんのかごバッグや、台所やリビングでつかえるかごのご紹介であるとか、かごを生活に取り入れる際のアイディアとか、かごを愛する方々、かごを生み出す方々、かごを取り扱う方々のご紹介などなど盛りだくさんです。

竹工芸の二大生産地、鳥越と別府での取材ではその土地の歴史とともに今の人達が伝統をどう引き継いでいこうとしているかというお話も。

ほかにも、民具とは違ってお茶の世界で独特な発展をしてきた「花籠」という芸術作品についてや、「鳥かご」について、などなど、なかなか伺いしれない世界のことも教えてくれます。

私などはかごのことを調べ始めてまだまだ日が浅いですが、知るにつれかごというものはなんといろいろなことを教えてくれるものかと感じます。



片柳草生さんの本「暮らしのかご」と私

素敵な本がありました。片柳草生さんの「暮らしのかご」です。 落ち着いた雰囲気の表紙です。 少し前の本なのかと思いましたら今年の春の出版でした。 流行りの感じがなくて昔の「暮しの手帖」みたいです。     片柳草生さんは、編集者として   白洲正子の世界 名碗を観る 著者として 手仕事の生活道具たち 手仕事の贈りもの などを手がけていらした方です。   編集者としての眼をお持ち...

「小澤典代× 松野弘 トークショー“かごのお話し”」を聞いてきました。

AKOMEYA TOKYO   銀座「AKOMEYA TOKYO」で「日本のかご市」を見て、「小澤典代× 松野弘 トークショー“かごのお話し”」を聞いてきました。 かごが静かなブームとは聞いていますが、集まった30人くらいの方々はみんな女性。みんな30代から40代。そして全員素敵な人でした。(自分を棚にあげて言いました。)   小澤典代さんは、手仕事まわりの取材・執筆とスタイリングを中心に仕事をしていらっしゃるスタイリストさん...

関連記事
Posted bymoribasket