さらに素朴な麦わらのクリスマスオーナメント

moribasket

-

まるで私のかご編みの、完成しなかった試作品みたいな画像が目にとまりました。

ヴィンテージのクリスマスツリートップ。以前ご紹介したクリスマスオーナメント同様、ストロー(麦わら)製です。

スウェーデン製ということです。

f:id:chibie50:20151205233950j:plain

海外のハンドメイドクラフトサイトのETSYで取扱いがあったようです。

www.etsy.com

素朴なこと、この上ないですね。

でも誰が見ても「光」に見える。

日本の注連縄飾りに通じる雰囲気もあります。

商業的になる前のクリスマスを思います。

スカンジナビアンクリスマスツリーとの表記がありました。

そちらの方が麦わらのオーナメント発祥の地なのでしょうか。

 

こちらもスウェーデンのヴィンテージでした。

以前ご紹介したものよりだいぶ簡単な形です。

でもそれがまたいい感じです。

f:id:chibie50:20151205232001j:plain

f:id:chibie50:20151205235859j:plain

 

www.laurelleaffarm.com

 

ほんとにかご編みの途中みたいな形です。

完成前の方が放射状に芯がのびて美しく見えるんです。

きちんとかごにしてしまうとなんかつまらない。

f:id:chibie50:20151114154428j:plainf:id:chibie50:20151206001506j:plain

こんなことで私のかご編みはクリスマスに間に合うのか。

もう少しジタバタしなければなりません。

 

麦わらのクリスマスオーナメント

  かごではありませんが、これもバスケタリーと言えるのではないかと思います。麦わらを赤い糸でとじ合わせたもの。 見た途端気に入って買ったのはもう5年以上前になります。 子供もいないし人も呼ばないから普段と変わらないクリスマスに、なんとなくその辺に置いてみたりして。   そのときはドイツのものだと聞いて買ったと覚えています。今はヨーロッパ全体に普及しているようでどこの国の発祥なのかはわかりま...

関連記事
Posted bymoribasket