来年の干支、申(さる)の注連縄

moribasket

-

明日から12月。かご編み人になる宣言をしてはじまった今年もあと一か月で終わりです。

 

何かをはじめると一言で言っても、何段階もあるということを感じています。

私はまだかご編みをはじめているという段階を終えていないのだと思います。

 

変な言い方になりました。

要するにまだまだだということです。

 

暮れが近づくと注連縄が気になってきます。

去年の暮れ、注連縄の未(ひつじ)に出会い、導かれて編組の世界に足を踏み入れました。

 

f:id:chibie50:20151130111327j:plain

 

今年も神話の里、高千穂から、来年の干支の申(さる)のしめ縄細工が出てくるんではないかと楽しみにしているのですが、未のような手乗りサイズの申は今のところ見つからず、申の顔をかたどったこういうタイプが出ていました。

 

《日本市-b》15055-中川政七商店申の注連縄

《日本市-b》15055-中川政七商店申の注連縄
価格:6,480円(税込、送料別)

 

こういう普遍的なものもとても素敵です。

みんげい おくむら

 

 

今年の年賀状にした写真。

f:id:chibie50:20150723102204j:plain

あと1か月導いてね。

 

注連縄の羊

  何かを作って売るようなことをしたいとは漠然と思っていたけど、思っているだけで知恵も努力もなくきていた。 それが動き出せたきっかけは、去年の暮れに出会った水引細工の小さい羊の置物。   出典:私の部屋   次の干支の。お洒落な雑貨屋さん「私の部屋」で。白い水引だけで作られていた。 帰ってからネットで調べたけど見当たらず、代わりに見つかったのが藁の羊だった。 これがさらに素敵で、購入...

関連記事
Posted bymoribasket