映画「赤ずきん」アマンダ・サイフリッドもやっぱりかごを持っています。

moribasket

-

最近私のブログに「赤ずきんのかご」の検索でいらっしゃる方が増えています。

ハロウィンが近いからでしょうか。

仮装のお役に立てるような性格のサイトでなくて申し訳ないです。

 

ところで、映画「赤ずきん」(原題:Red Riding Hood)は2011年のアメリカ映画です。

ホラー映画だとのこと。

私達が子供のころ親しんだお話とはだいぶ違うようですが、お伽噺の類はそもそも意外と怖いものだということも最近はよく聞く話ではあります。

 

アマンダ・サイフリッド。 

f:id:chibie50:20151028200748j:plain

 出典:WarnerBros. 

持っているかごはオーバル型。

かなり黒っぽい色ですね。

太めの蔓をそのまま編みこんだような力強い感じのかごです。

よくあるピクニックバスケット、赤ずきんちゃんのかごと言ってまず思い出すようなタイプの、もうちょっと薄い色でレースがかけてあるようなかごでは、素朴すぎて平和すぎてこの映画の雰囲気にそぐわないですもんね・・・ 

f:id:chibie50:20151028212232p:plain

予告編YOUTUBEより 

 

 

途中でアマンダ演じる赤ずきんが、誰かに対して殺意をいだきナイフを握るシーンが出てきます。

ナイフをかごに入れていたのかどうかはわかりません。

以前書いた赤ずきんのかごの記事で、食べ物や葡萄酒でなくて電子機器や武器が入っていたら、みたいなことをちらっと書いていたのですが・・

かごを持って森を行くような無垢な美少女が、危ないところに迷い込んでしまうお話にも、少女が自発的に危険を冒すような展開を求めてしまうのが、今なのかも知れませんね。

 

赤ずきんちゃんのかご

  赤ずきんちゃんが描かれたこちらのポスターは、ウォルター・クレインという19世紀後半から20世紀はじめにかけて活躍したイギリスの芸術家による挿絵をもとにしたものです。アーツ&クラフツに関わった方だそうです。   昔話というか童話というか、こういった伝承されてきたお話しの場合、いろいろなバージョンがあったりするものらしいので、挿絵も他にいろいろあるのかと少し調べてみたところ神戸女子大学図書館のホー...

関連記事
Posted bymoribasket