ジェーン・バーキンのようにかごバッグを持ちたいものです。

moribasket

-

ジェーン・バーキンは言うまでもなく、フランスの有名な女優さんです。

私の憧れの人でもあります。

バーキンのバッグと言えば勿論エルメスの「バーキン」が超有名ですが、若いころにはいつでもセルジュ・ゲンズブールから贈られたかごバッグを持っていたみたいで、キュートな写真がたくさん残されています。 

tumblr_lxcnpu3JFU1r8m0smo1_1280.jpg

                    出典:by-s.me

いい写真ですね。

リゾート的な感じもするけどパリの街かな。

落ち着いた街並みが、彼女とシャルロットの登場で、通常より何倍増しかの光量を集めてるのかも知れません。

ロリータでありながらスパイシーでもあった若き日の彼女にしては、ロックスピリット抑えめの、シンプルで優しいパリジェンヌらしいカジュアルスタイルです。

アメリカンカジュアルをパリのエスプリで仕上げた感じですか。

白と黒のモノトーン、白い木綿のトップスはプチ・バトーなんかでもお馴染みのピコレースをあしらったタイプ。

オフホワイトなんかじゃなくて純白ですよ。

同じく純白の、木綿のアイレットレースのお帽子をお洒落に被りこなす、 幼き日のシャルロット・ゲンズブールの目線がバッグに向けられています。

ツヤのある、多分ヤナギ素材のお馴染みのバケツ型バッグ。

  

農耕民族でしかありえない私のような者だと絶対にガーデニングですか?と言われてしまいそうなバケツ型かごバッグ。でも持ちたいですけど。

 

関連記事
Posted bymoribasket